読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と本と未来

本を読んで感想などを書いてます。

正解のない時代をどう生きるか

 正解のない時代をどう生きるのか

今の世の中は正解と言われる生き方なんてないということは若い人ほど感覚として理解しているだろうし、だんだんと多くの方が気づいてきただろう。この文章でなぜ正解のない時代なのかの細かい説明はする気はまったくないのですが、まあわかりますよね!?どう考えてもこういう道を歩めば絶対幸せになれる、成功できるなんてないですからね。

 

 

まあ、まだそういう幻想に取り付かれている人もたくさんいるとは思うのですが、この文章では正解のない時代ってどう生きればいいのか?ってことを僕なりに書いていこうとおもいます。それと僕自身だって正解のない時代にどう生きればいいのか?とかどのように考えていけばいいのか?なんてことの真理なんて分からないのですが、日々生きていく中で考えたことを書いていこうとおもいます。

 

 

とりあえず思いついたままにかいていこうと思うので順序もバラバラになるとはおもいますが、僕自身ブログはほぼ無償で自己満で書いているのでご了承ください。

 

正解の生き方とか幸せになれる生き方ってそんなの存在するのか?

そもそも、高度経済成長の頃などはよく言われていた、いい学校を出て大きな会社に就職することや公務員になることが幸せなどと言われていたみたいだけど、実際これは幻想だと思う(ちなみに僕はバブル崩壊後に生まれたので日本が好景気だったことは知りません)。

自分にとっての幸せを考える

そもそも幸せは個人によって違うのだから、自分の中で何を大事にしているのか?どんなことをしている時に幸せを感じるのかをしっかりと考え認識することが大事だと思う。それも考えずに親に言われたから、先生に言われたからなどと何も自分で考えずに選択したところで後悔するのは目に見えている。自分の人生に他人は責任なんてとってくれないのだから自分がなりたい姿や何に幸せを感じるかはしっかりと考えることが重要だと思う。

 

人生はコントロールできなくて運の要素が大きいと知ること

当たり前だけど人生はコントロールできないし思い通りにはいかないということを知ること。努力だけでは無理なこともあるし、人生には予期せぬ出来事や偶然の出来事によって人生は良くも悪くも大きく変わるという真実をしること。もしも自分が努力して成功したとしても、他人も同じように努力すれば同じような成果が出るとは思っていけないし、「自己責任だろ」って責めてはいけない。はてなブログなどでもたまに見かけるが何か事件などがあると一方的に悪者を決めつけ、状況も何もわかっていないくせに一方的に怒って非難して正義のヒーローぶっている人を見かけるけどそういうのおかしくないか?って思う。自分がうまくできたとしても他の人にはできないこともあるし人生は運の要素が大きいから。だから自己責任という考えは危ないということを知ること。

 

 

今経験していることが将来役に立つと信じること

正解のない時代に自分の幸せを認識し、その実現のために行動していても、これって意味あるのかな、上手くいってないなって悩んでしまうことは大いにあると思う。僕自身もこういう悩みに襲われることも多いし不安にもなる。でもそういう時に思い出して欲しいのはスティーブジョブズが入っていた「点と点が将来つながることを信じる」を思い出すことだ。今やっていることが将来役に立つことがくると信じて今を生き抜いてほしい。

 

人生には時として直感や流れにのることも大事だと考えること

正解のない時代には時として自分の直感や、他人からの誘いや流れにのることも重要だと知ることだ。人生は自分でコントロールできないということは当たり前なのだけど、いろいろな選択を論理的に考えていくだけで選択するんじゃなくてたまには自分の直感を信じる勇気を持つことも重要だと思う。僕自身も重要な選択ほど直感で選んでいる気がする。それと流れにのることも時には必要だ。人生とは不思議なもので、ふとした時にすごい出会いやチャンスが降ってくる時がある。さらに思いもよらない時や、いやいやいった場所などで自分にとって良い出会いやチャンスが舞い込んでくる。なので流れにのることも時として重要だと知ることは大切だと思う。

 

自分の理想の生き方や、やりたいことを思い続け行動していくこと

 僕が思うのは正解のない時代の生き方は自分の幸せや、やりたいことを実現できる環境にむかって行動していくことが大事だと考えている。なので一人一人行動は変わっていくだろう。その中でも自分がやりたいことをしっかりと思い続け、人に話したり行動していくことが重要だろう。心理学だったと思うけどカラーバス効果?というものがあり、人間は赤の服を思い浮かべないでくださいといっても赤を思い浮かべてしまうように(使い方間違っているかもしれない)考えていることや意識していることを脳が勝手に見つけてしまうので、脳を上手く利用して理想の生き方や、やりたいことを思い浮かべることが重要だ。

 

終わりに

正解のない時代にどう生きるかを僕なりに書いてみた。パッと思いついたことだけを書いたので大したことは書けていないかもしれいけど、僕自身こういう風に考えたらいいんじゃないのかってことは意識していたし、それをブログにアウトプットできたことは非常に良かったと思っている。この文を読んで正解のない時代に一つでも心が楽になる考えを見つけてくれる人がもしもいればそれは嬉しいと思う。そして正解のない時代を楽しみながらも生きていきたいと思う。

 

他にも記事を書いたので良ければ読んでほしい!!