読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と本と未来

本を読んで感想などを書いてます。

僕が好きなおすすめ小説ベスト13をランキングにしてみた(2016年版)

これから僕が好きな小説13冊をランキングにして紹介します。僕自身小説はそんなに大量に読んでいるわけではないので、もっといろいろ読んでみたいと思っているのだけど、今の段階で僕が読んで面白いな、好きだなと思った小説を紹介します。小説を読みたいの…

嘘や見せかけの人間関係を見ると綿矢りささんを思い出す。

嘘や見せかけの人間関係って多いなあと最近、僕はすごく感じている。自然に話しているように見えたり、仲よさそうに見えたりしている関係も嘘だなと感じることが多い。僕がそのように他人を見て思ってしまうのは僕の感受性が高いからだろうか? 多くの人は僕…

自分の頭で考えられるようになるおすすめ本17冊を選んでみた

自分の頭で考えることはそんなに簡単じゃない。 僕自身も完全に自分の頭で考えられているかといえばそんなことはないと思う。しかしこれからの時代を生きて行くものとしては、自分の頭で考え行動していくことは本当に大切だと思うので僕が読んできた本の中で…

起業家、経営者のおすすめの自伝本を14冊選んでみた

僕が今まで読んできたたくさんの起業家や経営者の方々の自伝本の中ですごくよかったおすすめ本を紹介します。自伝本はその人の人生を疑似体験することができるのがいいところだと思う。起業家や経営者になりたい人にとっては是非読んでみてほしい本だ。それ…

「この作者はいったい何が言いたいのか」と問うのは、国語のテストだけ

森博嗣さんの常識にとらわれない100の講義を読んでいたら、「この作者はいったい何が言いたいのか」と問うのは、国語のテストだけという項目があった。その内容を読んでいたら一年以上前に僕がブログに書いていろいろ拡散されて、いろいろな意見をいただいた…

2016年に読んだおすすめのビジネス本11冊をランキングにしてみた

これから僕が2016年に読んだオススメのビジネス書を紹介しようと思います。まあ、これから紹介する本は、僕にとってよかった本なので偏っているし全く本の趣味が合わない人が多くいることが容易に予想できるが、僕の自己満足として独断と偏見でビジネス書に…

本を読むことについて思うこと

本を読むことについて思うことを適当に書いていく。よく巷では本を読むことは素晴らしいことで良いことだ。と言われる。実際に僕は本を読むことが好きなので読書は素晴らしいことだと思うけど、「読書は絶対に素晴らしい」みたいな風潮は嫌いだ。 別に本を読…

稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則

稼ぐまちが地方を変えるを読んだ。著者は一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表の木下斉さん。この本を読んだ感想は、著者はきれいごとを言わすにストレートに問題点を指摘していく。例えば補助金は悪、行政の仕組みを変えるべきだや民間が…

ふるさとを元気にする仕事

ふるさとを元気にする仕事を読んだ。著者は山崎亮さんで、studio-L代表でコミュニティデザインで注目されている。この本も内容はぎっしりと詰まっているし、コミュニティデザインが生まれるまでの時代背景や流れ、事例、働き方、自分の未来をどう描くかなど…

コミュニティデザインの時代 自分たちで「まち」をつくる

コミュニティデザインの時代を読んだ。著者は株式会社studio-L代表の山崎亮さん。この本はものすごい内容も濃いし素晴らしかった。地方活性化やまちづくりなどに興味がある人はコミュニティデザインの考え方や、やり方を知っておくことは必須だろうと感じた…

「学者は語れない儲かる里山資本テクニック」葉っぱビジネスで地方創生

学者は語れない儲かる里山資本テクニックを読んだ。著者は株式会社いろどり代表の横石知二さん。著者は徳島県の上勝町(かみかつちょう)で葉っぱビジネスを行い、地域の高齢者を稼げるようにし、高齢者に出番と役割を与えることで、活き活きと幸せにし、地…

あの日読んだ砂漠という小説の西嶋のかっこよさをあなたはまだ知らない。

あの日読んだ砂漠という小説の西嶋のかっこよさをあなたはまだ知らない。タイトルがどこかで聞いたことのあるフレーズに無理やり似せようとしているけど限界だろと思うかもしれないけど、そんなことはどうでも良くて、砂漠という小説に出てくる西嶋のかっこ…

2016年に読んだおすすめの面白い本20冊をランキングで紹介します

これから僕が今まで読んだなかでおすすめで面白かった本をランキングで紹介します。なんか面白い本ないかなと思った時の参考にしていただけると嬉しいです。僕は本を読むことが好きなので、面白いおすすめ本があったら教えてほしいです。それでは紹介してい…

逆境や絶望感なんて大歓迎だ

逆境や絶望感なんて大歓迎だ。どんどん来いよ、受けて立ってやる。僕は勢いでこのようにタイトルをつけてブログを書き始めてしまったが、僕は逆境や絶望感なんて大歓迎だなんて今までは思えなかったし、今勢いで書いているだけで、書き終わった後や少し時間…

岡本太郎に学ぶ、自分を自由に表現するためには?

自分を自由に表現するためにはどうすれば良いか?これって結構難しいことだ。自分を自由に表現したいと思ったとしても、他者や社会からの評価などを気にしてしまったり、自分の表現なんてダメだとか、いろいろ考えてしまう。しかし、そういうふうに感じてし…

岡本太郎に学ぶ、人生に行き詰まった時にどうするか?

人生に行き詰まった時にどうすれば良いか?僕たちは生きていれば人生に行き詰まったと感じてしまうことってたくさんあると思う。そんな時は焦りまくったり、自分を卑下したり、自分は無価値だとか思ってしまったり、人生に絶望してしまったり、理想に対して…

孤独死のリアル

近年、日本は超高齢社会に突入し、高齢化率が25.1%に上昇している。そして高齢者のいる世帯は全体の4割、そのうち「単独世帯」、「夫婦のみ世帯」が過半数となっていて一人暮らし高齢者は年々増加している。このような現状から、孤独死問題、独居老人問題が…

教養としてのプログラミング講座

この本は、プログラミングの知識などがない人でもプログラミングの成り立ちや仕組みなどが楽しく理解できる本だ。僕はプログラミングは題名の通り教養になりつつあるのではないかと思っている。この本を読むとプログラミングが身近に使われているという事が…

ゼロからトースターを作ってみた

著者のトーマス・トウェイツはデザイナーで、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートに在学中にゼロからトースターを作るというプロジェクトを実行した。ゼロからトースターを作るという事は、地中を掘って原材料から作ることだ。この本はめちゃくちゃ面白かった…

自分の中に毒を持て

著者は「太陽の塔」など独創的な作品を数多く生み出した岡本太郎さん。僕はこの本を読んで岡本太郎さんの言葉に凄く共感したし、もっと強く生きていこうと思えた。そして何か迷った時には岡本さんのように危険だなと思う方を選んでいこうと思った。 自分の中…

なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?

著者はマッキンゼー(経営コンサルティング会社)出身で現在、靴とファッションの通販サイト、ロコンドを運営している株式会社ロコンド代表の田中祐輔さん。この本ではマッキンゼーの価値観や考え方、そして著者のマッキンゼーに入ってから辞めるまでのエピソ…

問題です。2000円の弁当を3秒で安いと思わせなさい 「50人に1人無料」は得か? 老後の蓄え必勝法

著者は「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」を書いた山田真哉さん。この本は基礎的なことから楽しく会計を学べる本だ。内容としては、老後の蓄え必勝法や消費税増税の対策、飲み会の幹事に学ぶ「損益計算書」と「キャッシュフロー計算書」の違いなど、楽しく会…

僕は君たちに武器を配りたい 「希望」を作り出そう!

著者は瀧本哲史さん。現在、日本は経済的に厳しい状況に陥り、僕たちのような若い世代は未来に希望を感じられなくなっているという人も多いのではないか。この本を読むことでこれからどのようにしていけば、自ら新しい「希望」を作り出すことが出来るかを学…

偽善エコロジー エコな暮らしは本当にエコか?

著者は環境評論家の武田邦彦さん。この本ではさまざまな環境問題に対する対策について実際はどうなのか?という事について言及された本だ。例えばレジ袋を使わないはただのエゴや温暖化はCO2削減では防げないなどたくさんの事について書かれている。 偽善エ…

はじめて哲学する本 依存について 死について

著者は都内で義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校の校長を務め、よのなか科などでも有名な藤原和博さん。この本では結婚、家族、男と女、仕事、職業、倫理、個性、戦争とイジメなどについて哲学していく。 はじめて哲学する本 作者: 藤原和博 出版…

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか? 資本主義から信用主義へ

この本はピカソやゴッホの本ではない。「お金」についての本である。今現在、僕たちのお金は日本という国家の信用によってお金が生み出されている。しかし、これからは国家という枠組みが絶対的でなくなり、グローバル企業や個人の紐帯(ネットワーク)の威力…

フリーペーパーの衝撃

フリーペーパーとは日本のフリーペーパー業界では、広告収入だけで経営が成り立っているものの事をいう。僕はこの本を読んでフリーペーパーはネットの普及により大変厳しくなったと思った。ただ、ネットでは出来なくてフリーペーパー特有の強みもあると僕は…

論理力を鍛えるトレーニングブック 論理思考を身につけるには?

著者はグロービス・マネジメント・スクール講師の渡辺パコさん。日本人は論理思考が苦手だ。僕もその一人だ。なぜ日本人は論理思考が苦手かというと日本人は子どものころから論理的にものを考える練習を積んでいないからだ。この本を読むことで論理思考を身…

バフェット&ゲイツ後輩と語るー学生からの21の質問 「本当に重要なことだけを選んで、それ以外は上手にノーということは大切だよ」

この本は世界一の投資家、ウォーレン・バフェットとマイクロソフトの会長、ビル・ゲイツが学生と対談した内容を書籍とDVDにしたものだ。質問の内容は、企業の倫理的指導、できるだけ早く経営陣に加わるには、アメリカの税制問題といったビジネス問題から、10…

口コミ伝染病 

著者は神田昌典さん。口コミは自然に起こるものでコントロールできないと思っている人はいないだろうか。この本では口コミを起こす方法や工夫の仕方などが分かりやすく書かれている。 口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム 作者: 神田昌典 出…

女は男のどこを見ているか

著者は岩月謙司さん。著者は知恵と勇気が男らしさの原点だという。そして著者のいう知恵と勇気は、未知なる問題に遭遇した時、試行錯誤をしながら解決できる能力だと言っている。この本を読むことで知恵や勇気を身に着けていこうと思える。 女は男のどこを見…

ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる! 人間の寿命は1600年!?

著者は堀江貴文さんと岡田斗司夫さん。この本は二人の対談本になっている。二人の対談は発想力が凄くスケールも大きくて本当に楽しみながら読める本だ。この本では宇宙旅行のことや人間の寿命の話、評価経済の話、原発の話などを二人が独特の観点で話す。 ホ…

経済は感情で動く 1000円がいつも1000円とはかぎらない

著者はマッテオ・モッテルリーニさん。この本は非常に面白い。人間は合理的ではなく非合理なのだという事を痛感する。そして行動経済学は経済の主体であるところの人間の行動、その判断と選択に心理学の視点が入っていて非常に面白い。 経済は感情で動く―― …

1万円起業

著者はクリス・ギレボーで翻訳者は本田直之さん。この本ではマイクロビジネスの事について詳しく書かれている。例えばマイレージの利用法を教える、音楽教室のスケジューリング、ブライダルアクセサリー作り、ヨガの個人レッツスン教室などで起業した例が載…

下流志向 学ばない子どもたち働かない若者たち 「それを学ぶことで何の役に立つの?」

著者は内田樹さん。この本では勉強を嫌悪する日本の子ども、「自分探し」イデオロギー、クレーマー化する親、ニートの未来などのことについて著者の考えが素晴らしい。教育関係者の人はもちろんのこと親世代の人にも読んでもらいたい本だ。 下流志向〈学ばな…

未来の働き方を考えよう

著者は社会派ブログ「Chikirinの日記」を運営しているちきりんさん。 この本では未来の働き方について著者の考えや提案が素晴らしく、いろんな人に読んでほしいと思った。そして今まさに社会が大きく変わっていく中で働き方を考えていくという事が大事だと思…

一日も早く起業したい人が「やっておくべきこと・知っておくべきこと」、起業したい人への16の質問

著者は起業コンサルタントの中野裕哲さん。この本では起業の心構え・ビジネスプランの決定・組織形態を決める・起業資金を検討する・集客を考えるなど、実践的な内容も多く起業資金の話では融資の話のような、いろいろ複雑なところが分かりやすく参考になる…

「希望」論 一瞬に目覚めて生きるために

著者は実業家の堀江貴文さん。この本では著者がどのように考えて行動しているのかということや宇宙開発の事、政治の改革案など著者の常識にとらわれない考えを知ることができる。そしてベーシック・インカムの話では著者が理想とする社会が分かる。 「希望」…

決弾 最適解を見つける思考の技術

著者はプログラマ・投資家・ブロガーで元オンザエッジのCTOを務めた小飼弾さん。 この本では、男女・親交・楽習(弾さんは学習を楽習としている)・仕事・育児・人生についての質問に著者が著者なりの答えを提案していく。 決弾 最適解を見つける思考の技術 作…

裸の王様

著者はテレビや映画、出版など多様な活躍をしているビートたけしさん。この本ではたけしさんが経済、世間、日本、世界、人生についての疑問について裸の王様だ、と鋭く語っていく。この本を読んでやっぱりたけしさんは本当に天才だと思った。 裸の王様 (新潮…

気の持ちようの幸福論

著者は元TBSアナウンサーで現在はラジオ、テレビ、雑誌など多様なメディアで活躍中の小島慶子さん。この本ではメディアのことや世間のことや人間関係のことなどについて小島さんの視点で書かれていて、いろいろなことを考えさせてくれて、心が温かくなる本だ…

自分のアタマで考えよう

著者は「chikirinの日記」というブログを書いている、ちきりんさん。 この本では自分のアタマで考えるにはどのようにすればいいのか、知識にだまされない思考の方法が分かりやすく書かれている。 自分のアタマで考えよう 作者: ちきりん,良知高行 出版社/メ…

ニートの歩き方

著者はパソコンやネットが好きな人が集まって暮らすシェアハウス「ギークハウスプロジェクト」発起人のPhaさん。この本ではニートの生活や考え方、そして働かないという選択肢もありで、もっと自分らしく生きようと思わせてくれる本だ。 ニートの歩き方 ――お…

リアルフリーのビジネス戦略

著者は脱毛サロン「ミュゼプラチナム」を出店した株式会社ジンコーポレーション社長の高橋仁さん。僕がこの本を読んで感じたことはリアルでフリーは実現できるということだ。この本を読んでこれからはリアルでも無料化が少しずつ出てくるかもしれないと思っ…

本は10冊同時に読め!

著者は元日本マイクロソフト社長で書評サイトHONZの代表をしている成毛眞さん。 成毛さんが行っている読書の方法は「超並列」読書術というもので、場所ごとに読む本を変え、一日の中で何冊もの本に目を通すというものだ。 本は10冊同時に読め!―生き方に差が…

そろそろ会社やめようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか

著者はコンサルティング会社などを経営する山口揚平さん。著者は好きで食うには3つの要素が必要で、その3つとは、バリュー、システム、クレジットだという。著者が言うにはシステムとクレジット(信用)が特に重要だという。 そろそろ会社辞めようかなと思っ…

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えたそしたら意外に役立った

著者は実業家の堀江貴文さん。この本では堀江さんが本の書評をしながら考えたことや本の面白さを紹介してくれる。そして何といってもこの本の魅力は堀江さんが本を読んでどのように思考しているのかが分かるところだと僕は思う。 ネットがつながらなかったの…

このムダな努力をやめなさい

著者は日本マイクロソフト社長の成毛眞さん。この本では、偽善者になるな偽悪者になれ・あっさり妥協する・いい人を信用しない・無理して社交的にならない・上から目線でものを見るなど、成毛さんのムダな努力をするな、というメッセージがひしひしと伝わっ…

新しい国へ美しい国へ完全版

著者は内閣総理大臣の安倍晋三さん。僕は安倍首相の考え方や価値観が知りたかったのでこの本を読んだ。この本では安全保障や靖国問題や社会保障などのことについての安倍首相の考え方などが分かるので興味のある方は読んでみてほしい。 新しい国へ 美しい国…

ゆるく考えよう人生を100倍ラクにする思考法

著者は「chikirinの日記」というブログをしているちきりんさん。ちきりんさんの考えていることは人と違った視点だったりしていて面白い。僕がこの本を読んでちきりんさんが言いたかったことは一つの価値観に縛られるんじゃなくていろんな価値観や選択肢があ…